それぞれの役割り

交通事故問題を弁護士に依頼する人が増加すると考えられています

マイカー保有者には自賠責保険への加入が義務付けられていますし、自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しているドライバーがたくさんいます。そのため、交通事故被害の補償を受けられないということは、まずありません。万が一、交通事故にあってしまうようなことがあったとしても、加害者が加入している保険から治療費が支払われますので、安心して怪我の治療を受けることができます。ただし、現実的なことを考えると、怪我の治療費を払ってもらうだけで済むような問題ではありません。相手の不法行為によって怪我を負わせられたわけですから、損害賠償請求をすることができます。また、怪我のために働けなくなってしまった期間については休業補償をしてもらうことができます。でも、素人が保険会社の担当者を相手に対等に渡り合うことは難しいので、最近は弁護士を利用する人が多くなってきています。交通事故問題を専門に取り扱う弁護士が増えてきていますので、今後、弁護士を利用する人の数がさらに増えると考えられています。

泣き寝入りしたくない場合には

交通事故被害にあった場合は、なるべく早い段階で、弁護士に相談してみるのが望ましいです。最近は、どの保険会社も保険金の支払い額をなるべく安く抑えようとする傾向が強いので、まだ怪我の治療が終わらないのかと頻繁に確認の電話を入れてきます。これが結構なプレッシャーになりますので、そのプレッシャーに耐えかねて、怪我が完治する前に治療を受けるのをやめてしまう人もいます。その後に怪我の症状が悪化したとしても、自費で治療を受けなくてはなりませんので、保険会社からの圧力に簡単に屈してしまうべきではありません。しかし、怪我を負った身で保険会社の担当者と交渉するのは大変です。また、専門的な知識など全く持っていない素人は、圧倒的に不利です。損害賠償金の額も値切られてしまう可能性が高いので、交渉事のプロである弁護士に全部任せてしまう方が安心できます。